ツーリング交流所

約62.6㎞のロングルート八甲田・十和田ゴールドライン

八甲田・十和田ゴールドラインの特徴

八甲田・十和田ゴールドラインは国道103号の一部で、青森〜八甲田〜十和田湖温泉郷〜十和田湖に至る62.6km区間の愛称です。
道の途中には奥入瀬渓流や十和田湖、八甲田連邦などの眺望が楽しめるスポットがいくつもあり、四季おりおり雄大な自然を堪能することができます。
国道としてきちんと整備されていて、初心者ライダーでも走りやすいのが八甲田・十和田ゴールドラインの大きな特徴です。

八甲田・十和田ゴールドラインにアクセスするには、青森市の市街地から直接国道103号を走るコースがおすすめです。
八甲田山の南側には火山群があり、樹林帯の中をヘアピンカーブが続くので、バイクの腕試しをしたいライダーにはぴったりです。
豪雪地帯ということもあり、毎年11月下旬から3月31日にかけては通行止めとなります。

八甲田・十和田ゴールドライン周辺のおすすめ観光スポット

八甲田・十和田ゴールドライン周辺は美しい風景の連続で、ただ走るだけでも爽快な気分になれます。
温泉地としても有名なエリアなので、ツーリングと温泉を組み合わせた週末旅行を企画してみるのもいいかもしれません。

酸ヶ湯(すかゆ)温泉は全国第一号の国民保養温泉地として知られていて、「雲上の霊泉」とも呼ばれています。
330年の歴史があり、総ヒバ造りの混浴大浴場「ヒバ千人風呂」はなんと160帖もの広さがあります。
素泊まりもできますが、酸ヶ湯温泉は食事が美味しいことでは定評があるので、つなぎを一切使用しないで作った「酸ヶ湯そば」などはぜひ一度試してみたいものです。
これ以外にもそばプリンや酸ヶ湯温泉卵などの名物メニューが揃っています。

源泉湧き流しの「蔦温泉」も、平安時代から続く千年の秘湯として知られている名湯です。
泉のせせらぎのような音を楽しめる「泉響の湯」や足元から温泉が湧き出る「久安の湯」などは、一度入ったらリピートしたくなるに違いありません。
日帰りでの利用も可能です。
レストランでは本格的な懐石料理も食べることができますので、入浴した後に食事を楽しむのもいいかもしれません。

八甲田・十和田ゴールドライン周辺のおすすめグルメスポット

八甲田・十和田ゴールドライン周辺は和食を中心とした有名な食事処がいくつもあります。
和食よりもフレンチがいいというのであれば、八甲田ホテルの中にある「レストラン メドー(MeDeau)」もおすすめです。
「八甲田キュイジーヌ」として評価の高い料理の数々は、正統派のフレンチで食べ応えがあります。

「西海岸深浦産サザエのブルギニオン」や「岩木山の嶽きみ(とうもろこし)のクリームスープ」、「陸奥湾産のホタテ貝とビーツのサラダ」など、どれも逸品です。
締めくくりのコーヒーにも八甲田山の湧き水が使用されています。

次へ 投稿

© 2024 ツーリング交流所

テーマの著者 Anders Norén